お問い合わせ

インデックス

WEB制作を依頼する上で重要な
視覚的効果についてご紹介します。
  • RGBとCMYK

    RGB & CMYK
    RGBはRed(赤)、Green(緑)、Blue(青)の3色が混ざるほどに明るくなる「加法混色」です。
    CMYKはCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)、黒(K)が混ざるほどに暗くなる「減法混色」です。
    一言で言えば、RGBは映像やウェブなどディスプレイのための色表現、CMYKは基本的に印刷物のための色表現です。
    TIP
    イメージ通りの色を再現するためには、用途に合わせた色モードかを確認することがとても大事です。
  • ベース・メイン・アクセントカラー

    base color, main color, accent color
    ・ベースカラー
    最も大きな面積を占めるベースカラーは、主に背景に用いることが多いです。
    ・メインカラー
    サイト全体の印象を決める大事な役割を担う色です。
    ・アクセントカラー
    サイトの印象を引き締める役割を担います。また、ユーザーの目を引きたい部分に用いられます。
    TIP
    WEBデザインにおいて配色の黄金比率は、ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%と言われています。この比率を意識しながら制作することで、心地よくまとまった印象のサイトに仕上がります。
Webサイト制作、デザイン制作はモノクスへ

Contact

新規のWEB制作だけでなくリニューアル、WEBデザインやランディングページ、求人・採用、期間限定のキャンペーンページ、ロゴデザインなどの制作から、広告・PR企画、ブランディング構築までお気軽にお問合せ下さい折り返し担当者がヒアリングさせていただきます。
WordPressを使ったサイト制作、デザイン制作・システム開発など、東京をはじめ全国からのご依頼を多数いただいております。
どのようなご相談ですか?
ご相談内容をご選択
御社についてお知らせください
会社名
ご担当者名
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容
お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい