お問い合わせ

なぜコーポレートサイトを制作するのか。目的・役割・基本構成をWEB制作会社が紹介|Web制作会社 モノクス

なぜコーポレートサイトを制作するのか。目的・役割・基本構成をWEB制作会社が紹介

今ではPCやスマートフォンから見れるコーポレートサイトは、企業の「顔」とも言える存在です。
どの企業もインターネットを活用したビジネススタイルが一般的になっており、コーポレートサイトを制作する重要性は高まっています。
そんな重要性の高いコーポレートサイトですが、ただ単に会社の情報を公開しているだけのサイトになってしまってはいませんか?

今回の記事では、コーポレートサイトを制作する目的や効果、制作する際のポイントをご紹介します。
現代のビジネスに欠かせないコーポレートサイトを効果的に作成していきましょう。

コーポレートサイトとは?

コーポレートサイトとは、企業に関するさまざまな情報の発信や、企業とステークホルダーを繋ぐ企業の公式サイトです。
企業ブランドを知ってもらうためのメディアとして、コーポレートサイトは優れたツールと言えるでしょう。

コーポレートサイトの目的は企業の存在証明

コーポレートサイトは、多くの人に企業を知ってもらうことを目的としています。
求職者や株主、お付き合いのある企業、これからお付き合いを始めるか検討している企業など、さまざまなユーザーが企業の情報を求めてサイトに訪問します。

モノクスでは、コーポレートサイトを制作することで企業価値が向上し、信頼性を高める役割も果たしていると考えています。
そのため、企業が描く未来や今後の展望、事業内容の紹介などをサイトを通じて紹介することで、訪れたユーザーの共感を得ることができ、結果的には信頼の構築に繋がります。

信頼関係ができれば自社を選んでもらう理由ができるため、その後のビジネス拡大を目指すことができます。

コーポレートサイトとホームページの違い

よく、コーポレートサイトとホームページは同じようなものと考えられている方が多くいらっしゃいます。
しかし、それぞれ意味の違いがありますので本章で少し解説します。

コーポレートサイトは、上述のように企業の情報が集まったサイトです。企業の「顔」であり、名刺の役割もはたします。
企業ブランディングの一種でもあり、企業が目指すビジョンやイメージに合わせたデザイン、テキスト、コンテンツが入ります。

一方でホームページは、商品やサービスを販売・紹介する目的で使用されることが多くあります。
そのため、商品・サービスのイメージに沿ったデザイン、紹介テキスト、購入やお問い合わせを促す導線などといったコンテンツが入ります。

コーポレートサイトの役割ともたらす効果

コーポレートサイトがどのような役割で運用されていくのか、主なポイントに絞ってそれぞれもたらす効果とともにご紹介します。

新しい顧客とのタッチポイント増加

既存のお客様だけでなく、新規のお客様に対するコーポレートサイトの役割として、自社が取り扱う事業や商品・サービスを総合的に知ってもらうことが挙げられます。
特定の商品・サービスのみではなく、事業全体を紹介することで、別のニーズにマッチしたユーザーとの新たな繋がりが期待できます。

株主や投資家に向けたIR情報の掲載

IR情報とは、企業の財務状況など投資の判断に必要な情報のことを指します。
株主や投資家が今後も投資(支援)していくかどうかを判断する材料になるため、数値的な業績だけでなく、現在の事業の状況や今後の展望、会社の方針なども掲載しましょう。

また、株主や投資家に向けた会社の信頼性をアピールするだけでなく、企業間の新たなビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

求職者へ企業の魅力を伝える

多くの求職者は企業を知るための手段としてコーポレートサイトを閲覧します。
求人サイトは情報が限られているため、コーポレートサイトで企業のアイデンティティを魅力的に見せることができれば、優秀な人材を採用することに繋げることができます。
また、採用サイトがある場合でも、企業の情報をより深く理解するためにコーポレートサイトも併せて閲覧するケースが多いです。

どのような価値を提供しているのか、社会でどう役に立っているのか、未来のあるビジネスモデルであるか、など知ってもらい入社意思を高めてもらうことに貢献します。

 

コーポレートサイトの基本要素8つ

コーポレートサイトの目的や期待できる効果がわかったところで、いざサイトを制作する際に欠かせないコーポレートサイトの要素について8つご紹介します。

  1. 会社概要
  2. 経営理念・ビジョン・ミッション
  3. ニュース一覧
  4. 事業紹介
  5. 採用情報
  6. お問い合わせフォーム
  7. 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)
  8. サイトマップ

会社概要

コーポレートサイトは企業について知ってもらうためのサイトであるため、会社概要は必須の情報です。
会社の所在地や事業内容、代表者、資本金、設立日など、企業に関する情報を全体的に掲載します。
文章で記載するのではなく、一覧表のような形式のデザインが一般的です。
また、地図や会社の外観の写真なども一緒に掲載しておくと親切です。

経営理念・ビジョン・ミッション

企業が描く今後の姿や目標を伝えるのが経営理念・ビジョン・ミッションのページです。
事業を行う目的を通じて、企業の特色や社風を理解してもらえます。
また、ユーザーが企業の想いに共感してもらうことで、企業価値の向上やファン化も期待できます。

必須ではないですが、会社を運営していくに当たっての思いを綴った代表者メッセージも掲載すると、企業の信用性を上げる一助となります。

ニュース一覧

コーポレートサイトには常に企業の最新情報を掲載しましょう。
休業の情報だけでなく、プレスリリースやメディア掲載、展示会出展情報、新商品・サービスなど企業に関する情報を発信することで、ユーザーとの新たな繋がりに発展します。

事業紹介

自社がどのような事業を展開しているのか紹介するページです。
事業の詳しい紹介から事業で取り扱っている商品・サービスページへの導線を設置することで、さらに理解を深めてもらうことができます。
また、事業の実績や許可を得てクライアント名を掲載できると、企業への安心・信頼感に繋がります。

採用情報

採用活動を行っている企業は、求人情報を掲載しましょう。
社風を深く知れる写真や仕事内容、社員インタビューなども掲載すると、求職者が具体的に働くイメージを持つことができ、企業に対する理解を深めることができます。
採用サイトを別で作成されている企業は、採用サイトへの導線を設けてあげると求職者との接点を増やすことができます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームを設置することで、ユーザーの疑問を解決へ導くことや、企業への要望に対して適切に対応できます。
また、企業公式のSNSを発信している場は、SNSへのリンクを設置しましょう。
企業への親近感が高まると共に、若い世代へのアピールにもなります。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

個人情報を取り扱う事業者は個人情報保護方針を策定して公表しておくことが推奨されています。
お問い合わせフォームを設置する場合は、個人情報保護方針の明示が必須になりますので注意しましょう。

サイトマップ

サイトマップには2種類の目的があり、検索エンジンのロボットにサイトの構造を把握してもらうためと、ユーザーがコンテンツを見つけやすくするためのガイドのためです。
特に前者の目的が強く、検索エンジンに把握されなかった場合は、どれだけ検索してもコーポレートサイトが検索結果に表示されないという事態に繋がってしまうため、サイトマップを設置することを強くおすすめします。

株式会社モノクスでは、WEBデザイングラフィックデザインWordPressを使ったサイト構築や複雑なWEBシステム開発まで様々なスキルでご要望にお応えします。経験豊富なデザイナーが在籍し、目的にあった効果的なコーポレートサイトを制作いたします。

コーポレートサイト制作で気をつけたいポイント

コーポレートサイトに入れるべき要素を抑えたら、下記のポイントに気をつけて制作をしてきましょう。
ここでは3つのポイントをご紹介します。

目的・ターゲットを明確にする

なぜコーポレートサイトを制作するのか、目的を明確にして社内で共通認識を持ちましょう。
入れるべき基本コンテンツはありますが、コーポレートサイトを作ることでどのような成果をあげたいのか明確にすることで、その企業に必要なコンテンツの選定に役立ちます。
また、サイトを見るターゲットも明確にしておくことで、デザインの方向性が決まります。
ユーザーがストレスなくサイトを見ることができる良質なコーポレートサイトを制作するには、目的とターゲット設定が極めて重要です。

掲載する情報を精査する

コーポレートサイトは様々な目的を持ったユーザーが訪問するサイトです。
そのため、ターゲット層に必要な情報を選定して、どこにどの情報があるのかわかりやすいレイアウトを組むことが必要となります。
さらに、時代の変化に合わせたコンテンツの更新や、競合他社との差別化を図る情報提供など、コンテンツの充実化を進めていくことも重要です。

サイト更新の社内体制を整える

コーポレートサイトは完成してからがスタートです。
コーポレートサイトに限らず、どの形態のWEBサイトにも言えることですが、サイトは情報の鮮度を保つことが運営していくにあたり最重要事項となります。
最新情報をすぐに掲載できる、古い情報はすぐに更新する、このような対応が必要となりますので、コーポレートサイトが出来上がったら担当者を社内で決めておきましょう。
「簡単な更新でも対応できる人がおらず制作会社に依頼するためタイムラグが発生する」「もともとの担当者がわからず管理画面に入れなくなった」などといった事例はよくあるので、留意しておきましょう。

細部までこだわって作られたコーポレートサイトは、制作料金以上の満足感に繋がります。
弊社にもそのようなお声が多数届いておりますので、ぜひご覧ください。

まとめ

コーポレートサイトはただ単純に企業情報を開示するだけでなく、ターゲット層に沿ったコンテンツを精査し、わかりやすく掲載することが企業への信頼性を高めるために重要となります。
また、情報の整理だけでなく企業のアイデンティティを魅力的に見せていく豊かなデザインや他のページも見たくなるサイト設計、企業が伝えたいメッセージを表す言葉の表現も大切です。

なお、株式会社モノクスでは、新規・リニューアルのコーポレートサイト制作を承っております。
見た目の美しさやトレンドを追い求めるだけではなく、WEBサイトに訪れた人にサービス内容や企業の想いをしっかり伝えることや、魅力的に感じてもらいお問合せや応募したくなるデザイン・構成・ライティングを重要視して制作しております。

こだわりの詰まったコーポレートサイトを制作したい方は、どうぞお気軽にお問合せください。

関連コラム
WEBデザインとは?基本と重要性を解説。依頼側もこれだけ抑えておけば◎

目次WEBデザインとは?WEBデザインの目的WEBデザインの重要性効果的なWEBデザインの基本原則1.ユーザビリティ2.レスポンシブデザイン3.視覚的な魅力WEBデザイン依頼の流れディレクション〜完成までの流れをご紹介W...

【ホームページ制作会社の選び方】初心者でも失敗しないポイントや注意点を解説

目次ホームページ制作会社を選ぶ前の事前準備ホームページを制作する目的を明確にするターゲットを設定する強みや伝えたいことを洗い出す予算をある程度決めておく公開したい時期を決めておくホームページ制作会社の特徴を知りましょう集...

【LP制作の流れ】効果的なLPとは?実はシンプルな考え方

目次LP制作の5つの流れ①ヒアリングと目的設定②競合他社との差別化戦略③ターゲットの感性を揺さぶるデザインと構成④理解を深めるわかりやすい文章⑤独自のSEO対策⑥リリース・運用保守LP制作の成功させるシンプルな考え方次か...

Web制作でできること
  • WordPress
  • Web system
  • Web design
  • Corporatesite
  • LP
  • Coding
他のコラム

Voice

お客様とのご縁を大切にWEB制作やデザイン制作ののち、お客様にサイト制作の感想をお伺いしています。嬉しいお声はもちろんのこと、ご指摘、ご要望など率直なご意見は私たちがさらに前進し続けるエネルギーになります。
More
  • 依頼したリニューアルはもちろん、保守やアフターケアなど迅速にご対応頂き大変感謝しております。今後もお力添えを頂くこともあるかと思いますが、引き続きよろしくお願い致します。More
  • 素人ゆえの疑問や希望にも寄り添ってご対応いただき、とても安心してお任せすることが出来ました。ご提案もこちらの希望を丁寧にヒアリングしていただき、選択肢を複数頂戴しました。形になってくると次から次にイメージが膨らんでいく中...More
More
Webサイト制作、デザイン制作はモノクスへ

Contact

高いクリエイション力で企業様の課題解決や企業価値向上のお手伝いをさせていただいています。Webサイトやホームページ制作に強い制作会社として、デザインにこだわり、WordPressを使ったWebサイトから複雑なWebシステム開発まで、様々なご要望にお応えします。

営業時間内のお問い合わせは当日ご返信いたします。お問い合わせ内容によってはご返信にお時間いただきますので予めご了承ください。
どのようなご相談ですか?
ご相談内容をご選択
貴社についてお知らせください
会社名
ご担当者名
メールアドレス
お電話番号
お問い合わせ内容
お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい